本文へ移動

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

林委員長の新年のあいさつ
2023-01-24

 林委員長あいさつ 新年 あけましておめでとうございます。

人, 屋内, 男, 建物 が含まれている画像

自動的に生成された説明 謹んで新年のお慶びを申し上げます。コロナ禍の中、いのちと健康を守るため、感染防止対策に努めながら医療・介護・福祉の現場で奮闘されているみなさんに心から敬意を表します。新型コロナウイルスの感染拡大が国内で始まってからおよそ3年が経過し、いまだ終息の見通しが見えません。全国的には8波の猛威に飲み込まれているように思います。 こうした現状の中、岸田内閣は、医療・介護・福祉現場には目もくれず、今年度から多額の予算を防衛費につぎこもうとしています。このままでは、医療・介護・福祉の現場は崩壊してしまいます。なにより、独立行政法人の「国立病院機構」)と「地域医療機能推進機構」両法人の積立金を5年間の中期目標決算を待たず、「防衛費増額」のために前倒しで国庫返納を強制させる合意がなされました。いのちを守るための財源が、いのちを脅かす軍事費に使われることがあってはならなりません。この問題は、決定ではなく、法改正が必要です。石川県医労連の全加盟組織化から抗議の運動に取り組みます。

石川県医労連は、コロナ禍の中、組合員の皆様のご協力のもと、街頭署名やスタンディング、集会など徐々に従来の活動に取り組んできました。秋闘の統一行動日には、昨年同様に加盟組合合同で、金沢・加賀・七尾でスタンディングをすることができました。また、コロナ禍での医療・介護・福祉の切実な要求や現場の実態を集め、県への申し入れや記者会見を行い、「すべてのケア労働者の賃上げ」「医療・介護・福祉の現場への定期的なPCR検査の実施」を訴えてきました。昨年度は、障がい者施設ではたらく仲間たちの要求実現にも取り組んできました。

新しい夜勤改善・増員署名もスタートし、取り組みを呼び掛けています。組合員みんなで目標達成にむけて活動をしていくことが求められています。小さな問題でも組合員に寄り添い、話を聞き、動ける組合が求められていると思います。自分たちの職場環境が安全で安心して働き続けられる職場を目指し、組合活動の見える化で今年1年も奮闘してがんばりましょう。今年もよろしくお願いします。

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918

mail@ishikawa-irouren.jp
──────────────

0
2
5
4
7
2
TOPへ戻る