石川県医療労働組合連合会|医療|介護|福祉|看護職員|介護労働者|医療労働者|石川県金沢市

qrcode.png
http://ishikawa-irouren.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918
mail@ishikawa-irouren.jp

──────────────

003431
 
 

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ
 
女性委員会 3休調査
2017-05-26
  石川県医労連の加盟組合の女性を対象に2017年1月から3月、「連休、年休、生休」についてアンケ-トを行いました。
 
ドクタ-ナ-ス介護ウエ-ブ行いました。
2017-05-15
 石川県医労連は、5月13日土曜日、「医師・看護師・介護労働者の労働条件の改善・増員」を求める署名と「介護保険の改善を求める」署名を集める行動を行いました。病院・介護施設で働く組合員が50名参加して、署名を集めました。「夜勤労働の改善を求める署名」が141筆、「介護の改善を求める署名」が98筆集まりました。
 
助け合いの医労連共済のご紹介
2017-05-12
 労働組合ならではの助け合い 医労連共済があります。
安い掛け金の安心の補償です。
 通院では、なくて、休業に対して、保証が出ます。インフルエンザで5日間休んだら1日目から休業補償が出ます。
月2400円円の掛け金で1日5000円出ます。詳しくは、医労連共済のホ-ムペ-ジを参照してください。
 あくまでも労働組合に加入した人が利用できるものでてす。一人でも入れる労働組合 石川県医療・介護・福祉ユニオンがあります。お気軽にお問い合わせください。
 

 

 
 
記者会見を行いました。
2017-05-10

 9日、看護の日を前にして、石川県医労連として、昨年の退勤時調査と女性委員会で集めた「3休調査( 連休、年休、生休)2017年、2015年」に基づいて、記者会見を行いました。会見では、①日本医労連の看護黒書の勤務パタ-ンの説明と現場の生の声を紹介、インタ-バル規制のない中、2交替夜勤が増えていることを指摘 ②退勤時調査で「始業前残業を行う人が55%となっているものの、請求していない人が76%となっていることや疲労度が90%となっていること」③3休調査で「一か月に2日以上の連休は、1回 33.1%、年休の取得が10日、生理休暇がほとんど取られていないこと、 具合が悪くても休めなかったが62.1%となっていること」を報告しました。東委員長は、「看護師の絶対数が依然として不足しており、いつ、誰がリスクを犯してもおかしくない状況であり、診療報酬、介護報酬の引き上げやインタ-バル規制の導入等、抜本的な改善が必要」と訴えました。

テレビ金沢、北陸駐日新聞、北國新聞、毎日新聞で報道されました。

 
メ-デって何の日?
2017-05-02
 1886年メーデーは、1886年(明治19年)5月1日に、アメリカの労働者と労働組合が8時間労働制を要求してストライキに立ち上がったことが起源です。シカゴ、ニューヨーク、ボストンなど1.5万を越える工場の労働者38万人以上がストライキに入りました。10数時間を越える長時間労働に苦しめられていた労働者が「仕事に8時間を、休息に8時間を、おれたちがやりたいことに8時間を!」(「8時間労働の歌」)を歌い、8時間労働靴や8時間労働帽子などのグッズを身に着けてアピールしました。その結果、20万人あまりの労働者が8時間労働制をかちとりました。しかし、それは、すぐに妨害されます。それでもアメリカの労働者は負けませんでした。労働組合と労働者は戦線を立て直し、1890年5月1日に再度ストライキで8時間労働制を要求してたたかうことを決めました。ちょうどこの年、フランス革命百周年の記念日に、エンゲルスなどパリに集まった世界の社会主義者と労働組合幹部は第2インタナショナルを結成し、その結成集会(国際労働者集会)で、アメリカ総同盟の呼びかけに応じて、1890年5月1日をアメリカの労働者と連帯し、世界各国で一斉に集会やデモをすることを決め、アメリカ、ヨーロッパ、中東欧、オーストラリア、ラテンアメリカなど世界各地で数十万の労働者が集会とデモをくりひろげました。これ以降、毎年5月1日に世界各国でメーデーが開催されるようになりました。
 
新入職員のみなさんこんにちは
2017-04-20
  新しく病院や介護施設などに入職したみなさんこんにちは。職場には、なれましたか?!まだまだわからないことだらけだと思いますが、みなさんがんばってください。労働組合は、みなさんを応援します。
 みなさん、働く人には、働く人のル-ルがあります。「労働基準法」という法律に働く時間のこと、休みのこと等が決まっています。これは、あくまで最低限の基準です。今後、このペ-ジで紹介していきます。
 みなさん、プロ野球やサッカ-のJリ-グには、「プロ野球選手会労組」や「日本プロサッカ-選手会」等の労働組合があります。これは、きちんと働いて結果を出すには、働く人達を守るル-ルと組織が必要だからです。社会人になった一歩として、労働組合に入りましょう。職場に労働組合が無いという人には、一人でも入れる労働組合「石川県医療・介護福祉ユニオン」があります。みなさんの加入をお待ちしています。お気軽にお問い合わせください。
 
大幅賃上げの動画をアップしました。
2017-03-10
 
介護に働く仲間のつどいを開催します。
2017-02-04
 石川県内の介護に働くみなさんこんにちは。2月4日土曜日に「介護に働く仲間のつどい」を開催します。今年、「介護に働く人たちの処遇を改善してほしい」という私たちの運動の成果として、介護報酬が緊急改定します。介護職員処遇改善加算が拡充されます。
 介護保険そのものが利用しづらくなる改悪も予定されています。介護保険をめぐる情勢もしっかり学んで、「介護保険の改善」「介護に働く人たちの賃金・労働条件の改善」をみなさんで一緒に話しあいましょう。
 どなたでも参加できます。
 
憲法・いのち・社会保障を守る10・20国民集会に行ってきました
2016-10-25
社会保障の充実や安保法の廃止などを求めて10月20日、日比谷野外音楽堂で「憲法・いのち・社会保障をまもる国民集会」が開催され、石川県からは民医連・民医労・全医労・松原・田中町から22名が参加し、全体で3000人を超える大集会となりました。
参加者は集会の後、銀座パレードを東京駅まで元気にコールをして歩きました!
 
第9回医療・介護セミナー開催しました
2016-09-27
石川県医労連は9月11日(日)石川県地場産業振興センターにおきまして、第9回医療・介護セミナーを開催しました。
 今年の講師は聖徳大学の篠﨑良勝准教授より「介護福祉職の観察の品質を世間に伝えるために」というテーマで篠﨑准教授が発案した観察・確認の方法を「P.E.I.P」(個人的要素・環境的要素・自律的要素・身体的要素)という4つに分類してあらわす方法を学び、実践的ワークを参加者がグループにわかれて楽しく行われました。
 篠﨑准教授は「福祉の実現は行動的な実践の中で常に吟味され、育つのである。」(by糸賀一雄)の言葉を引用し、「常に行動的な実践=実行」を頭において日々介護・福祉現場での仕事を確認していくことの大切さを訴えられました。
 
<<石川県医療労働組合連合会>> 〒920-0856 石川県金沢市昭和町5-13 交通会館2F TEL:076-261-8829 FAX:076-261-8918