本文へ移動

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

石川県医労連第40回定期大会
2011-09-26
石川県医労連は、第40回定期大会を9月17日に労済会館で、代議員、傍聴者、役員など51名の参加で開催しました。
 大会では、14名の代議員から医師・看護師・介護職員をはじめとする医療・介護労働者が不足している職場の厳しい状況が報告されました。誇りとゆとりを持って働き続けられる職場のためにも、過酷な労働実態を抜本的に改善しなければいけないことが報告されました。また、松原労組更生園支部で嘱託職員であった山口恵さんが不当な理由で雇止めにあい、裁判闘争で頑張っていることが報告されました。
組織拡大では仲間の奮闘で昨年比1名増の2335名となり、引き続き過去最高を上回る到達点を築き上げ、さらに前進させる必要性が発言されました。
 
 日本看護協会が「夜勤の負担軽減と長時間労働の是正を」めざすとし、厚労省は「看護師等の『雇用の質』の向上のためのとりくみについて」の5局長通知を出し、石川県議会において全会派一致で「大幅増員と夜勤改善」請願が採択されました。この間の情勢を切り開いてきたのは、私たちが運動してきた成果に他ありません。引き続き日本医労連の基本路線である「医療労働者の生活と権利をまもることと、国民のいのちと健康をまもることを統一してたたかう」ことを軸に幅広い団体・地域住民と力を合わせ、現場からの要求を吸い上げ、運動に変えながら、また、助け合い事業の医労連共済を活用しながら仲間を増やして国民本位の医療・社会保障政策に大きな影響を与える組織になるように、石川県医労連が先頭に立って奮闘することをみんなで決意しました。

最後に鈴木森夫新委員長と新しい執行部を選出し、団結がんばろーで締めくくられました。

参加された役員、組合員のみなさん、大変御苦労さまでした 
 

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918

mail@ishikawa-irouren.jp
──────────────

0
1
0
2
3
9
TOPへ戻る