本文へ移動

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

第48回中央委員会開催 春闘要求を決定しました。
2021-02-20

第48回中央委員会を開催

森喜朗会長の辞任を求める決議を採択、首相官邸にフアックスしました。

2月11日、石川県医労連は、石川県平和と労働会館でリモ-トを併用して、第48回中央委員会を開催しました。9組合15人執行部16名傍聴3名計34名が参加しました。

開会あいさつに立った松本委員長は「1年前は、コロナの感染は他人事だった。あっという間に感染が拡大した。困難な中だけど労働組合として要求することで前進している。先日、コミュニティオ-ガジネーションの学習をした。自分がなぜ、この組合にかかわっているかを話して、組合を広げていこうという話だった。組合見える化で奮闘しよう」とあいさつしました。

嵯峨書記長が「2021年春闘方針、第8次3ヶ年計画(予備提案)」を提案、参加者10名から発言がありました。濃厚接触となった場合、有給休暇での対応を求められていて、協議を行っている組合があり、コロナの特別休暇の協定を結ぶ必要性、労基法第26条による「休業手当6割」の活用、国への要請を強めていくこと等が議論されました。提案した方針は、満場一致で採択、スト権も確立しました。

採択された春闘方針要旨は、以下の通りです。

コロナ禍だからこそ、大幅賃上げを。社会的役割にふさわしい賃金を訴えていきます。高校教員との賃金格差、診療報酬の実態を訴えていきます。統一行動への結集を徹底します。3月11日の統一行動は、スタンディング、ポステイングに取り組みます。1人5枚のハガキ署名のポステイングに取り組みましょう。組合見える化で新歓を通じて100名の拡大をめざします。

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918

mail@ishikawa-irouren.jp
──────────────

0
1
6
6
9
6
TOPへ戻る