本文へ移動

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

新型コロナウイルス感染対策について 石川県に申し入れを行いました。
2020-05-02
重要
 石川県医労連は、県内の全ての病院に「新型コロナ感染症に関する実態調査」と560の介護事業所に「新型コロナウイルス対策に関するアンケートへのご協力のお願い」を送りました。病院は加盟組合9カ所を含む16カ所からアンケ-トが返ってきました。介護事業所は、63カ所から返ってきました。5月1日、アンケ-ト結果をもとに石川県に「要望書」を提出しました。石川県からは、医療対策課、厚生政策課、地域医療推進室からの参 
加がありました。石川県としても先日、新型コロナウイルス感染症緊急対策の補正予算を立て、対策を行っていることから、手短な要請となりました。
  参加者からは、「マスクが足りない。使いまわしていて、自分たちが感染を起こしてしまいかねない」
「ル-トがないため、保健所を通さず、外来に来てしまう患者さんがいる」「介護事業所は、もともと人が足りない。そんな中、消毒作業などの業務が増えている。利用者も感染を恐れて、利用者減となっていて、収入減」「診療所にコロナウイルス恐れのある患者さんが来院すると、いちいち車で診察せざるを得ない。職員全体が感染を恐れてギスギスしている。職員のメンタル対策を」「精神科は、精神科特例で体制が薄い、特段の対策が必要」「医療も介護も事業所の収入が下がっている公的資金の導入が必要」「昨年名指しされたベッド削減は、延期されたが止まっていない。ベッド1割削減すると補助金が出る予算が今年度だけ64億円ついている。これは、全部コロナ対策に」と発言しました。
  • (2020-05-02・81KB)

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918

mail@ishikawa-irouren.jp
──────────────

0
1
1
1
0
6
TOPへ戻る