本文へ移動

石川県医療労働組合連合会からのお知らせ

新型コロナウイルスの対応について 医団連が要請を出しました。
2020-03-01
2020年2月28日
内閣総理大臣 安倍 晋三 様
厚生労働大臣 加藤 勝信 様
文部科学大臣 萩生田光一 様
 
全国保険医団体連合会      会長   住江 憲勇
全日本民主医療機関連合会    会長   増田  剛
日本医療福祉生活協同組合連合会 会長理事 髙橋  淳
日本医療労働組合連合会     委員長  森田しのぶ
新医協(新日本医師協会)    会長   今田 隆一
(公印省略)
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のための学校臨時休校に伴う
医療機関・介護事業所等への緊急支援要請
 
 今般の新型コロナウイルス感染症に対する貴職のご尽力に敬意を表します。
 2020年2月27日、総理大臣官邸で開催された新型コロナウイルス感染症対策本部の議論を踏まえ、安倍総理から全国すべての小中学校、高校、特別支援学校に、3月2日から春休みに入るまで、臨時休校とすることが呼びかけられました。
 私たちは地域の医療・介護に責任を持つ団体です。今回の新型コロナウイルス感染症に対し、感染拡大や重症患者の発生防止に向けて、地域の最前線の医療機関、介護事業所として可能な限りの努力をしています。しかし、職員の多くは子育て世代であり、今回の学校休校の呼びかけにより、多くの職員が業務に従事できなくなる事態に陥ります。報道によれば、北海道ではすでに出勤できなくなる看護師が2割に達するため、外来診療の一部休止、入院予定患者の入院日延期や、入院病棟の一部制限を行わざるを得ない病院もあります。これは決して特別な状況ではなく、少なくない病院で起きることが危惧されます。
 貴職に対し、医療機関や介護事業所の現状をふまえ、以下の緊急支援を速やかに実施するよう要請します。
 
 
1.地域に必要な医療・介護継続のため、小中学校、高校、特別支援学校の臨時休校に伴う医療・介護事業所の人員確保に向けた対策、医療・介護の各事業所が独自に対策を講じた場合の費用負担への公的支援、休校期間中に医療・介護に従事する職員の子どもが安全に過ごせる対策を要望します。
 
以上
  • (2020-03-01・33KB)

石川県医療労働組合連合会
〒920-0856
石川県金沢市昭和町5-13
交通会館2F
TEL.076-261-8829
FAX.076-261-8918

mail@ishikawa-irouren.jp
──────────────

0
1
3
3
1
9
TOPへ戻る